A Surprising Thing in our Lifetime: An Eulogy by Brett Rayl from CBI

Brett Rayl, Director and Team Leader for CBI Japan. cbijapan.org.  This is my personal account.

Aug 1, 2016

A Surprising Thing in our Lifetime: A Eulogy for the Pals Family

人生の中での驚くべきことパルズ家に送る言葉

Note: This post was updated 8/4/2016 to include a Japanese translation. Many thanks to Miho Gemmill for her hard work.

“Precious in the sight of the Lord is the death of his saints.” (Psalm 116:15)

Jamison Pals first contacted me, June 4th, 2013. I had been serving as CBI’s Team Leader for only a few months, and he was following up on a conversation with Michael Oh about possible foundations CBI could connect with for support. It was a short but helpful email, and I remembered him — perhaps because he was trying to help us fundraise (which no one normally wants to do) or perhaps because he had such an interesting name.

ジェ ミソン・パルズと初めて連絡を取ったのは、2013年6月4日のことでした。私がCBIチームリーダーとして働き始めて数ヶ月経ったころで、マイケル・ オーから引き継ぎ、CBIと今後関係を築ける可能性のあるサポーターの方々に連絡をしていたときのことです。簡潔なやりとりでしたが、とても協力的なメー ルをもらい、彼のことを覚えていました。なぜなら、たいてい誰もがサポートレイズを嫌うものですが、彼はそれを助けたいと申し出てくれたからです。もしく は彼の名前がとてもユニークだったからかもしれません。

What I didn’t know at the time was that eleven days later, Jamison sent a “second proposal” to his wife, Kathryne, inviting her to consider missions in Japan for their family. Here is part of what he wrote:

Kathryne, I am asking you to go with me. Let’s go…or at least let us do everything in our power to go. The Lord may see fit to keep us here, but if he does not, let’s go. It may cost us much, but would you have it any other way? Whatever we lose will be worth it if we gain more of Christ. I believe the Lord is sending us. I am asking you to trust me. More importantly, I am asking you to trust God’s sovereign guidance and care. He will be with us, and he will go before us. Surely, his goodness and mercy will follow us all of the days of our lives. We will dwell with him forever, wherever we dwell for this life. You will never be without your God and your Savior.

しかし、その11日後、彼は妻のキャサリン宛てに、ともに日本に宣教へ行かないかと2度目の提案の手紙を書いていたことを私は知りませんでした。以下は、その手紙の一部です:

キャ サリン、僕と一緒に行きましょ。せめて、行くために私たちが出来ることをすべてやり尽くそ。もしかしたら主は私たち家族がここにいることが適している とみているかもしれない。でも、もしそじゃなかったら行こ。たくさん犠牲を払わなければならないかもしれない。でも、それほど価値があることだ。もし 僕たちがキリストをさらに得るのであれば、失ものには価値がある。主が僕たちを派遣しよとしていると僕は信じている。僕を信じて。いや、それ以上に、 神の主権ある導きと守りを信じて。神はいつも僕たちと共におられ、僕たちの先を行ってくださる。確かに、僕たちが生きている限り、神のいつくしみと恵みは 僕たちを追ってくるだろ。僕たちはどこにいよが、永遠に神と共にいるんだ。君は救い主の神と離れることは決してない。

Jamison had long had a heart for Japan and began to sense an undeniable call to go and share the gospel amongst the world’s second largest unreached people group.

ジェミソンは長い間、日本への重荷があり、 世界で2番目に福音が伝えられていない日本で福音を伝える為に日本へ向かう強い召しを感じ始めました。

My next interaction with Jamison was that November when Rob Boyle, a missionary on our team, connected us via email to let me know that their family was beginning to investigate opportunities to serve. That began a long and encouraging exchange about the possibility of them serving with CBI in Japan.

次に私がジェミソンと連絡を取ったのは11月で、私のチームの宣教師、ロブ・ボイルがメールで私たちを繋げてくれ、パルズ家が日本での奉仕の機会を模索し始めたことを知りました。それが、この後に続く、CBIでの働きの可能性についてのやり取りの始まりでした。

They didn’t skip steps and Jamison led his family well. We kept talking and the Lord made it clear to them and to us that they should spend a season serving with CBI via World Venture. They would work to learn the Japanese language and seek to build relationships for evangelism via our Heart & Soul Cafe ministry. Kathryne felt called to be a mom, and we told her from the beginning that because of that call, she would have more natural opportunities for outreach than Jamison would. Jamison already knew a lot about Japanese culture and their family was actively involved in ministering to Japanese people in the Twin Cities. They connected us with some of the students they were working with who were returning to Japan. Their passion for serving the Japanese people was apparent and compelling. They even began to mobilize others to consider Japan and helped send a vision team from Bethlehem to CBI this past summer. They had one more trip to Colorado and a just few more dollars to raise before they would be with us in Japan. I did their departure call with World Venture just two weeks ago. Our staff team emailed Jamison last week with apartment options for them to consider. We were all ready for the Pals to have a long season of faithful ministry with CBI in Japan.

彼 らは順序を飛ばすことなく、ジェミソンは家族をしっかりと率いてきました。私たちは話し合いを続け、主は彼らと私たちの両者に彼らがワールド・ベンチャー という宣教団体を通じて、CBIで奉仕することを明確にしてくださいました。彼らは日本語を学び、ハート&ソウルカフェのミニストリーを通じて伝道する予 定でした。キャサリンは母親としての使命を感じ、私たちは始めに彼女にそういう感情があるからこそ、ジェミソンよりも多くアウトリーチの機会が与えられる でしょうと彼女に伝えました。ジェミソンは日本文化をすでによく知っていて、彼らはツインシティーでの日本人ミニストリーに参加していました。彼らはミニ ストリーに関わっていた帰国する日本人学生たちを私たちに繋げてくれました。彼らの日本人へのミニストリーに対する熱意は明らかでした。さらに、他の人々 が日本での宣教を考えるために、この夏ベツレヘム教会からCBIにビジョンチームを送ることに協力してくれました。彼らが日本で私たちと共に働くまでに は、あと1回のコロラドへの旅と金銭的サポートを少し集めるだけでした。2週間前にはワールドベンチャーと出発の合意の連絡をしたところでした。チームの スタッフは先週ジェミソンに日本で住む場所に関するメールを送ったところでした。私たちはパルズ家がCBIで長期ミニストリーに携わるために、準備万全で した。

It was providential that Mike Tong, one of the pastors from Bethlehem, even thought to call. We only met one month ago when he was with the vision trip. He knew the Pals well from Bethlehem. We spent a while talking about them when he was here, and he was kind enough to call us with the tragic news. I had just stopped off for a lunch with my family, but walked outside to see what was so urgent from Mike. He then told me that the entire Pals family had been killed in a rear end collision on Sunday, on their way to Colorado. I fell to the ground in disbelief and horror. Jamison, Kathryne, Ezra, Violet, and Calvin — all gone from this world.

ベ ツレヘム教会の牧師の一人であるマイク・トングが訃報の連絡をくれたことは、ある意味で神の導きのように感じました。彼とは一ヶ月前にビジョントリップを 通して出会ったばかりでした。彼はパルズ家のことをベツレヘム教会を通じてよく知っていました。パルズ家について長い時間話をしました。彼は親切にも訃報 を私に知らせてくれました。訃報の連絡があったとき、私は家族とお昼を食べるところでしたが、マイクからの緊急の連絡が何なのかと思い、外に出たところで した。彼はパルズ家全員が日曜日、コロラドに向かう途中後方追突事故によって亡くなったことを教えてくれました。倒れこんでしまうほど信じ難く、恐ろしさ を感じました。ジェミソン、キャサリン、エズラ、バイオレット、カルバンがこの世から消え去ってしまったのです。

This loss is still very fresh and our team is weeping and praying for the families and friends of this precious family. We are so thankful for the ways we have already seen Bethlehem Baptist Church swift to love them well. Below is part of a post I wrote to update our team and to begin to process this hard providence. I share it here as a tribute to this family and their unwasted lives.

彼 らを失ったばかりで、私たちのチームは悲しみの中にあり、この素敵な一家の家族、友人のために祈っています。さらに、ベツレヘムバプテスト教会が残された 家族や友人たちのために愛を示してくださったことに感謝しています。下記は私が書いた今回の訃報の神意に関するチームへのアップデートの一部です。この家 族のため、彼らの無駄でなかった人生のためにこれを分かち合いたいと思います。

A Surprising Thing? Worth the Effort to Find out

驚くべきこと?努力してでも見つける価値があるもの。

I know you all did not know the Pals family well, but we feel the loss just the same. If you’d like to continue get to know them and their precious heart for the Japanese people a little better, you can visit their blog. Jamison was a gifted writer and these posts remind us that their calling was no accident and God was with them every step of the way. They have gladly laid down their lives for the Japanese people.

み なさんは、パルズ家のことをまだよく知らなかったかもしれませんが、彼らを失ったことについて、私たちと同じように感じていることは確かでしょう。ぜひ彼 らのブログを読んで、彼らの日本への思いを知ってくださればと思います。ジェミソンは書くことに長けていて、ブログを読んでいると彼らの使命は偶然でな く、神様がすべてのステップにおいてともに歩んでおられたことがわかります。彼らは喜びとともに、日本人のために人生を捧げました。

John Piper was a major influence in their call to missions (as was Michael Oh), and this story from Don’t Waste Your Life came to mind almost immediately after hearing the news. I share it with you now as a reminder of the glorious calling we all share to serve the Japanese people as ministers of the Gospel:

ジョ ン・パイパーは彼らの宣教に大きな影響を与えました(マイケル・オーと同じく)。訃報を聞いた直後、彼の著書である「無駄でなかったと言える生き方」にあ る、あるストーリーを思い出しました。日本人への福音の働き人として、栄光の使命に召されている私たちへ今与えられているストーリーだと思います。

In April 2000, Ruby Eliason and Laura Edwards were killed in Cameroon, West Africa. Ruby was over eighty. Single all her life, she poured it out for one great thing: to make Jesus Christ known among the unreached, the poor, and the sick. (Editor’s note:  Ruby was also a relative of Rick Pals’ uncle, Norris Magnuson.  Also in this accident and surviving with severe injuries, was Patricia Magnuson from Circle Pines, Minnesota, wife of Rev. Linden Magnuson [one of Jamison’s first pastors and Uncle Norris’ brother.) Laura was a widow, a medical doctor, pushing eighty years old, and serving at Ruby’s side in Cameroon. The brakes failed, the car went over a cliff, and they were both killed instantly. I asked my congregation: Was that a tragedy? Two lives, driven by one great passion, namely, to be spent in unheralded service to the perishing poor for the glory of Jesus Christ…No, that is not a tragedy. That is a glory. These lives were not wasted. And these lives were not lost. “Whoever loses his life for my sake and the gospel’s will save it.” (Mark 8:35)

2000 月、ルビー・エリアソンとローラ・エドワーズは西アフリカ、カメルーンで殺されました。ルビーは80歳を過ぎていていました。生涯独身で過ごし、その 人生を唯一の素晴らしいことにささげました。それはイエスキリストを、まだ伝えられておらず、貧困で、病気に苦しむ人々に伝えることでした。ローラは未亡 人で、医者であり、80歳で、ルビーとともにカメルーンで奉仕をしていました。車のブレーキが壊れ、車は崖を落ちていき、彼女らは即死でした。私は教会の 人々に聞きました。これは悲劇なのかと。一つの情熱によって導かれた、すなわち、イエスキリストの栄光のために捧げられた、途方もなく貧しい人々への無名 人の人生。。。これは悲劇ではありません。これは栄光です。彼女らの人生は無駄ではなかったのです。そして、彼女らの人生は失われたのではないので す。「いのちを救おと思ものはそれを失い、わたしと福音とのためにいのちを失者はそれを救のです」マルコの福音8:35

My heart breaks for the experiences we will miss together. Their family planned to focus on studying Japanese while serving with the Heart & Soul Cafe with a long term goal of helping with church planting in Japan. Jamison had a background in grant writing and was excited to help me with fundraising; he had already shared several opportunities to help us. Kathryne’s greatest desire was to be a mom, and she was encouraged by ministries like Baby English and looked forward to building relationships with other young moms. More than anything, they wanted to share the Gospel with new Japanese friends. They had already built relationships with many Japanese in the Minneapolis area and had helped connect some of them to Heart & Soul Cafe. They loved the vision of CBI and Jamison often asked how he could pray for us, even when he was needing help with their application process. They were excited about the development of the Church Planting Center and hoped to serve with a new Japanese church plant in the future.

彼 らとともに経験するはずだったことが叶わないという事実に、私の胸は張り裂けそうになります。彼らは日本語の勉強しながら、ハート&ソウルカフェで奉仕を し、長期的には日本で教会開拓を助ける予定でした。ジェミソンはサポートレイズの働きにも協力的で、すでに何度か手伝ってくれていました。キャサリンが最 も望んでいたことは、母親として、ベビーイングリッシュなどのミニストリーを通して若い母親たちと関わりを持つことを楽しみにしていました。そして何より も、彼らは日本で福音を宣べ伝えることを望んでいました。すでに彼らはミネアポリスに住む多くの日本人と交流を持っており、ハート&ソウルカフェに繋げて くださったこともありました。CBIのビジョンに同感し、ジェミソンは宣教師の準備期間にも関わらず、私たちのために祈れることはないかと時折聞いてくれ ていました。また、彼らは教会開拓センターを建て上げることを楽しみにしていて、日本で新しい教会開拓に携わることを願っていました。

Yasuyo san and I were just emailing with Jamison last week about where they would live. They had hoped to be here this past Spring, but decided to delay with the birth of their third child, Calvin, and support raising delays. They were almost fully funded and they were on their way to MTI for their last training before coming to Japan in October. This news is shocking and sad, but we know that it is part of God’s good plan.

先 週、やすよさんと私はジェミソンにどこに住むかについてメールをしたところでした。彼らは今年の春に来日することを希望していましたが、3人目のこどもの カルバンが生まれたことや、サポートが十分でなかったことを理由に来日を遅らせていました。今サポートはほぼ十分となり、10月に日本に来る前の最後のト レーニングのためにMTIに向かっていたところでした。この訃報はとてもショックで悲しいです。しかし、私たちはこの事故が、神様の良い計画の一部である ことを知っています。

Jamison wrote back in March about the first real resistance they experienced in trying to come to Japan. They had some health battles, hit a lull in support raising, and began to wrestle with discouragement (can anyone relate?!). Jamison reflected on Ephesians 6:10–19 and shared this reminder:

For the first time, it feels as though something or someone is actively setting itself against us going to Japan. Strangely enough, I find that incredibly encouraging. I take it as a sign that we’re headed in the right direction.

ジェ ミソンは今年の3月に、日本に宣教師として来ることに初めて抵抗を感じたと書いていました。その時彼らには健康上の問題があり、サポートレイズがなかなか うまく進まず、挫折感と戦い始めていました(共感できる方もいらっしゃるはずです)。ジェミソンはエペソ6:10–19に注目し、このように綴っていま す:

初めて何かが、あるいは誰かが私たちを日本へ向かわせることを妨げているよに感じている。しかし、信じられないことだが、むしろそれに励まされている。これが、私たちが正しい道へ向かっている印だと思

They were indeed headed in the right direction, and this is all a part of God’s sovereign plan. The resistance for the Pals family is over. They have fought the good fight, they have finished the race, they kept the faith. They now wait for that Day when they will enjoy the crown of righteousness laid up for them, a reward they will enjoy with our team and all the Japanese who have loved his appearing (2 Tim 4:7–8).

彼 らは確かに、すべて神の主権なる計画のうちに、正しい道へと進んでいました。パルズ家が感じていた抵抗はもうありません。彼らは勇敢に戦い、走るべき道の りを走り終え、信仰を守りました。 彼らは、義の栄冠を授けられるその日を今待っています。主の現れを慕っている私たちチームとすべての日本人たちとともに、その報いを喜び楽しむことでしょ う(第二テモテ4:7−8)。

So what now, brothers and sisters? We know that could have been any of our families. And the loss to our team is real, we will never have the honor to serve together in Japan. This news can be like a stomach punch to our faith. What now?

主 にある兄弟姉妹のみなさん、今何をすべきなのでしょうか?このことは、私たちチームのどの家族にも起こりえたことです。彼らを失ったことは現実で、彼らと ともに日本で仕えることはもうありません。この訃報は私たちの信仰に強い衝撃を与えました。今何をすべきなのでしょうか?

God’s word speaks to us in our time of need. Now we fight, not against flesh and blood, but against the rulers, against the authorities, against the cosmic powers over this present darkness, against the spiritual forces of evil in the heavenly places (Eph 6:12). Now we race, running with endurance the race that is set before us (Heb 12:1). And now we keep on keeping on, not losing heart, for we have this ministry by the mercy of God. (2 Cor 4:1). As we mourn with the friends and family of the Pals, we do not lose hope, but rather gain inspiration. For the love of Christ controls us and we are ambassadors of Christ, God making his appeal through us. We implore the Japanese people on behalf of Christ, be reconciled to God (2 Cor 5:14, 20). May this news be no tragedy for us. May God raise up a hundred to take their place. May we gain fresh energy and zeal for making disciples in Japan. We may see little fruit from our efforts but, to quote Jamison once more, “who knows, perhaps the Lord will do a surprising thing in our lifetime? It will be worth the effort to find out.”

神 の御言葉は、必要なときに私たちに語りかけてくださいます。今私たちは血肉に対して格闘しているのではなく、主権、力、この暗闇の世界の支配者たち、ま た、天にいるもろもろの悪霊に対して格闘しています(エペソ6:12)。今私たちは、私たちの前に置かれている競走を忍耐をもって走り続けています(ヘブ ル12:1)。そして、私たちは、あわれみを受けてこの務めに任じられているのですから、勇気を失うことなく、続けていきます(第二コリント4:1)。パ ルズ家のご友人やご家族とともに悲しむ中、私たちは希望を失わず、むしろ聖霊の働きを覚えます。キリストの愛が私たちを支配しており、私たちはキリストの 使節であるので、神は私たちを通して訴えておられます。私たちはキリストに代わって、日本の人々に願います。神の和解を受け入れなさい(第二コリント 5:14、20)。この訃報がただの悲劇で終わることがありませんように。神がパルズ家の代わりに多くの人々を立ち上がらせてくださいますように。私たち が日本で弟子をさらに作るための新たな力と熱心さを得ることができますように。私たちは私たちの努力の実をほとんど見ることができないかもしれませんが、 ジェミソンはこのように言っています。「主が私たちの人生において驚くべきことをなさると誰が知っているだろう?それは努力してでも見つけ出す価値がある ものだ。」

Come, Lord Jesus!

主イエスよ、来てください。

Taken from: https://medium.com/@brettrayl/a-surprising-thing-in-our-lifetime-a-eulogy-for-the-pals-family-fadd45270ad3

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s